ツァフキエル さわ夏の占星術と美容ブログ

プロの占い師として10年以上、1万人を超える鑑定 又、アロマセラピストやアパレル業界に関わり、人が幸せを感じる生き方を追求します。

身体は貴方の心の声を知っている

こんばんは~

今日は、前回に

心と身体は繋がっているということをお話したので

それについて掘り下げて行こうと思います。



私は心の仕事も肉体の仕事もしたので

その両方から感じたことで、

身体で起きていることは心でも起きていることだし

心で起きていることは身体に出ています



アロマテラピーをしていた時に感じていたことで

柔軟な人は身体もとても柔らかいし

触ればすぐ変化する。

逆に頑固な人は凝り固まっていて

施術してもほとんど変化を起こせないか時間がとてもかかる。

信用してもらうと途端に変化の時間が早くなる。


だからマンツーマンで施術をしているときに身体に出ていることを

メンタル的な方向から少し話すると

「なんで分かるんですか?」とびっくりされ、怖がられることも(笑)

体に書いてありますとは言えないし(笑)』
↑常識で生きている人には理解が難しい。本当の事言えば余計怪しい(笑)

占い師でもあるんですよ~で乗り切ってましたが(笑)


実は占星術にもボディアストロロジーという分野があって

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KtYPoC9UL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

(これは松村先生の書籍です。アマゾンよりお借りしました。他にも海外の文献とか沢山あります。)

肉体はその部位により12星座での管轄があります。

元々、占星術天文学と同じ分野でした。

更に古代のお医者様はその天文学を勉強していました。


ただ余りにもよく当たるので、呪術的なものと敬遠され

現在の天文学と切り離され、今の占いの形の占星術になりましたが、

占星術は現在も研究されている学問の一種です。


例えば頭は牡羊座の管轄です。頭痛があるとき・・つまり牡羊座的要素が弱すぎるか強すぎるかということが考えられます。


牡羊座は元気印なのですが、悪い面で見ると

闘争心や無謀さ短気であったり独りよがりになっている可能性がある事を指摘しているのです。

それが弱すぎるか強すぎるかのどちらかを指摘されています。
(出方として私が鑑定してきた症例では強すぎる事が多いです。)




姿勢を正した方がいいという考え方がありますが

これは見た目が確かに姿勢がいい方が美しいので、それでよいのですが・・

周りには迷惑をかけていないので悪くても良いですよね?

ただ実は姿勢を正すと心までまっすぐになります。

姿勢を崩すと心まで崩れます。


良く姿勢を正すと心までしゃんとすると言いますよね?

昔の人は恐らくこの事を知っていたのではないでしょうか?


本当にこの肉体と心の関係は不思議な事で

目線を上げる=ポジティブ
目線を下げる=ネガティブ

に変化するほどです。(良かったら試してみて下さい。)


今まで見てきた方で体調の悪さが心と繋がって・・ではなく

単なる純粋な肉体疲れからの方は全体の1割もいなかったです。

(そういう方はアスリート並みに動いて働いてガス欠を起こされた方ばかりです(笑))

↓これぐらいじゃないと肉体疲れとか言えないみたいです(笑)

f:id:sawaka11:20180624205813j:plain

(画像お借りました)


私もこちらについて、これからも観察を続けていきますが

何が言いたかったのかというと

心を見るのが嫌な方は、身体を労わってみてください

身体を労わる所ではないという方は、心が何を伝えたがっているのか振り返ってみて下さい。

結局、繋がってますから