スタイリングの基本(色と素材)

こんばんは

 

今日は危うく忘れる所(笑)よかった。

 

 

さて、今日はスタイリングの色と素材について

 

色は色相環を知っている人は色の話はほぼ飛ばして大丈夫。

 

まず、色の基本で無彩色と有彩色というのがあって

 

無彩色は白黒の写真に納まる色

 

それ以外が有彩色。

 

無彩色は色味の無い色だから色の数カウントにいれなくて大丈夫。

 

色の数は2色から3色に抑えた方がいい。

 

同系色なら何色か組み合わせても綺麗。

 

赤と茶色とピンクこれは同系色になる。

 

補色の関係ならメリハリがつく

 

黄色と青や赤と緑

 

中間色の配色は優しい感じになるが

 

実はもったりするのでバランス感覚がいる。

 

だからプロは2色ぐらいを組み合わせなさいというのだと思う。

 

まぁとりあえず有彩色は2色ぐらいにしておいた方が失敗がないと

 

覚えておくとよいと思う。

 

素材は黒一色、白一色などの一色コーデってあると思うが

 

素材で変化をつけることができる。

 

張り感のある素材、柔らかい素材

 

光沢のあるもの、透け感のあるもの

 

冷たい感じのもの、暖かさを感じる素材。

 

素材の合わせは品質にもよるので

 

なれるまでは異素材を組み合わせる時は

 

基本はしっかりした素材はしっかりした素材で

 

柔らかい素材は柔らかい素材同士であわせるとミスはない。

 

ただ、異素材の組み合わせが上手いと奥行きがでる。

 

これは経験が必要なので

 

今日は省きます。(笑)